ベラジョンカジノは怪しい?イカサマや詐欺の危険性はあるのか解説!

2020年12月21日

・・・ベラジョンカジノって何だか怪しいよね?

もしかして、違法な闇カジノなの?

今回は、そんな疑問に答えします。

 

 

↓下の目次を見れば、おおよその要点が分かります。


↓ハワイアンドリーム遊ぶなら遊雅堂 ↑登録するだけで3千円プレゼント!

ベラジョンは合法カジノであり怪しい闇カジノではない

まず、ベラジョンカジノを初めて聞く人への基本的な説明からです。

ベラジョンカジノは、カジノの中でもオンラインカジノと言うジャンルに入ります。

オンラインですから、インターネット上で遊ぶカジノのことです。

ラスベガスやマカオのカジノは、実際にカジノとして建物を構えていますので、オンラインカジノに対してランドカジノと呼ぶこともあります。

 

日本のIRではランドカジノが合法化された

そして、日本ではIR推進法でカジノが合法化されましたが、これはランドカジノのお話。

オンラインカジノについて現在の法律では、合法とも違法とも明確に決められていません。

「グレーゾーン」ってヤツです。

 

確かにグレーと聞くと怪しい感じがしますが、僕は個人的にほとんど合法だと思っています。

この辺は、人によって意見が分かれるところです。

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

 

 

ベラジョンカジノはマルタ共和国では合法カジノ

そんなベラジョンカジノですが、ヨーロッパのマルタ共和国に本社があり、公式なライセンス(許可)を得て運営されています。

つまりベラジョンカジノは、マルタ共和国では合法的なオンラインカジノになります。

日本では、グレーゾーンになってしまうので人によっては怪しいと思うかもしれませんが、マルタ共和国では合法的なカジノですので全然怪しくはありません。

そんなベラジョンカジノに、僕たちはスマホやPCでアクセスをして遊んでいるのです。

 

日本国内の違法カジノが闇カジノと呼ばれている

ニュースでよく摘発を聞くカジノが「闇カジノ」です。

この「闇」とは「違法」と言う意味で、無許可で経営をしているカジノを指します。

 

IRカジノは、まだどこに建設するかすら決まっていません。

そもそも、IR施設内でのみカジノが特別に合法化されたのであって、カジノが賭博罪にならなくなったわけではないです。

ここを勘違いしないように気を付けて下さいね。

 

だから、日本国内でカジノ場を開いてチップを賭けて換金すれば、それはすべて闇(違法)カジノです。

カジノではなく、それがパチスロに変わったものが闇スロです。

闇カジノは、怪しいなどのレベルではなく完全な違法カジノです。

 

パチスロのような遠隔操作などのイカサマはない

ベラジョンカジノが取得しているライセンスは、世界的に見ても審査が厳しいライセンスです。

ライセンス取得後も定期的に抜き打ち検査もあり、万一イカサマなどの不正がバレれば、ライセンスは剥奪されサイトは閉鎖されてしまいます。

そのためベラジョンカジノには、イカサマなどの不正はまずないと言っていいでしょう。

 

また、ベラジョンカジノの各ゲームは、ソフト制作メーカーとライセンス契約を結び提供されています。

パチンコやパチスロのように、各ホールが個別で買い取っているわけではないのです。

だから、ベラジョンカジノは各ゲームの確率を当たらないように遠隔操作したり、不正に改造したりすることはできません。

このようなことから、少なくとも僕はイカサマはないと信じて遊んでいます。

 

で、遠隔操作と言えば、やっぱり?パチンコ屋ですよね(笑)。

今は、もう遠隔操作しているホールはないと思いますが、昔は実際にやっているホールがあったわけです。

テレビニュースにもなって、その時の印象から半ば都市伝説の様に語り継がれています。

 

ただパチンコ店は、パチンコ台やスロット台を購入して自店に設置します。

基本、設置後は何もなければ検査されることはありません。

※稀に外部団体の抜き打ち検査もありますが、検査を拒否することも可能な上に検査自体がザルと言う噂も・・・。

 

そうなると、中には悪いことを考えるホールがいるのも事実なんですよね。

遠隔操作はともかく、不正な”裏モノ”の摘発例は近年でもありますので、この辺がオンラインカジノのゲームとは扱いが違う点です。

 

ベラジョンカジノは、パチスロに比べれば遠隔操作などの不正がやりにくい、厳格な環境だと言えるでしょう。

 

詐欺と言われるのは入出金の条件を満たしてないから

ツイッターなどで「ベラジョンカジノは詐欺だ!儲けたお金が出金できない!」と言うのをたまに見かけます。

個別のことまで詳しくは分かりませんが、これってほとんどが出金条件を満たしていないのが原因なんですよ。

 

もらったボーナスには使い方の条件や禁止事項がある

ボーナスを出金するのには、受け取った額の20倍をベットする(賭ける)必要があります。

ボーナスは「オマケ」ですから、そのまま食い逃げされては困るからです。

 

そのボーナスには、他にもベットの仕方(賭け方)にも禁止されていることがあります。

例えば、ルーレットで赤と黒の両方に一度に賭けるやり方です。

緑(0)以外に入れば当たるので、これをやればほとんど負けることなく出金条件を満たすことができてしまいますよね。

当然、規約違反となり出金ができなくなります。

 

また、出金ができずに没収されたのか?出金に時間がかかっているだけなのか?では、大きく状況が違います。

ベラジョンカジノでは、出金申請があってから原則24時間以内の出金を目標としています。

しかし、前述のように出金条件に違反したベットの仕方がないかを、チェックするのに時間がかかる時もあります。

プレーヤー側が、イカサマをすることだってあり得ます。

それがないように、出金する際は厳しくチェックしているのです。

 

ですから、出金確認に時間がかかっているだけで「ベラジョンカジノは詐欺だ!」と言うのは、ちょっとそれは違うのかなって気が僕はしますが。

「ベラジョンカジノにボーナスを没収された!詐欺だ!」と言うケースは、ボーナスの利用規約に違反したからです。

公平平等を保つためには、当然の対応だと思います。

ボーナスの利用規約って、事前に読んでいますか?

 

入金に失敗した返金には時間がかかる時もある

入金する時にも「ベラジョンカジノに入金できなかったけど返金がされない!詐欺だ!」と言う声も聞きます。

主にクレジットカードで入金する場合なんですが、カードの種類によっては入金できない時(失敗する時)があります。

その時の返金処理は、各カード会社によって違いますので何とも言えません。

「返金」と言っていますが、ベラジョンカジノはお金を受け取っていませんので、問い合わせ先はカード会社になります。

 

クレジットカードって支払いは1か月後で済みますが、返金などの処理も日数がかかる場合が多いです。

ベラジョンカジノが受け取ったお金を返金しないのなら、それは詐欺かもしれません。

でも、入金にできずに失敗した場合はベラジョンカジノはお金を受け取ってしませんので、それをすぐに「詐欺だ!」と言うのは、これもちょっとどうなのかな?って思っちゃいます。

まずは、そのカード会社に問い合わせみるべきでしょう。

 

怪しいオンラインカジノかどうかはライセンスで見分ける

実はオンラインカジノは、世界中に1000以上もサイトがあると言われています。

中には、本当に怪しいどころか詐欺サイトもあります。

できれば、怪しいサイトは避けたいですよね。

 

公式サイトでオンラインカジノとしてのライセンスを確認する

その怪しいオンラインカジノの見分け方ですが、公式サイトに行きライセンス(許可)を確認するのです。

オンラインカジノは、その国でライセンスを取得していますのでそれをチェックします。

公式サイトにライセンスの表示がないオンラインカジノは、違法・合法以前に手を出さない方が無難です。

ライセンスがない=ルールがない=儲けたい放題、ですからね。

 

パチンコ屋だって、目立つところに風営法の営業許可証が掲示してあります。

ライセンスが不明確なオンラインカジノは、何か”訳アリ”なので表示がされていないと思うべきです。

ベラジョンカジノは、ライセンスの他に住所や運営会社なども明記してあるので安心できます。

 

オンラインカジノのランセンスにはランクがある

このオンラインカジノのライセンスには、ランクと言われるようなものがあります。

審査が厳しいとか甘いとかです。

 

一般的にヨーロッパ系のライセンスは厳しく、アジア系のライセンスは甘いと言われています。

日本で言えば、国家資格と民間資格との違いの様なものです。

アジア系のライセンスは、政府もオンラインカジノからの税収が欲しいので、ちょっと甘めに審査をしていると言われています。

ベラジョンカジノが持っているライセンスは、ヨーロッパのキュラソー政府発行のもので世界的にも審査が厳しいことで有名です。

オンラインカジノの怪しさを見分ける時は、公式サイトのライセンス表示を確認しましょう。

 

尚、日本語に対応しているオンラインカジノを選ぶことをおすすめします。

英語が堪能な人なら気にならないかもしれませんが、英語で問い合わせするのは相当ハードルが高いです。

そもそも利用規約すらも全部英語ですから、わざわざそんなオンラインカジノで遊ばなくてもって思っちゃいます。

 

あと、新規アカウント登録した時にもらえるボーナスの金額がやたらと多いサイトは怪しい詐欺の可能性があると僕は思っています。

”エサ”に釣られて騙されないようにしましょう。

怪しいサイトは、個人情報も抜かれますよ。

↑これは、ベラジョンカジノのトップページに記載されているものです。

 

怪しい?ピンクのマスコットの名前は「ラッキー」

ベラジョンカジノを見て、真っ先に怪しいと思ったのがこれ。

あのピンク色のキモカワイイ、マスコットキャラクターです(笑)。

名前は「ラッキー」と言いますが、僕はちょっと愛着は湧きませんね・・・。

ベラジョンカジノさん、ゴメンサナイ。

 

ちなみに「ベラ&ジョン」とは、スウェーデンの一般的な名前で、日本で言えば「太郎&花子」のようなものです。

そもそもベラジョンカジノは、海外のオンラインカジノを日本語に対応させたものなので、キャラのデザインや怪しい名前は仕方がないですよね。

 

バニーガールをイメージするカジノは怪しいカジノ?

それよりも、バニーガールを全面に押し出したオンラインカジノの方が、僕は何か怪しいと警戒しちゃいます。

カジノって確かにバニーガールをイメージしますが、実はラスベガスなどランドカジノにはバニーガールはいません。

バニーガールは、男性向け雑誌「プレイボーイ」のキャラクターです。

 

 

カジノ=バニーガールは誤解であり、僕は一種の女性に対する偏見でもあるのかなって思います。

それなのに、オンラインカジノに中にはバニーガールをイメージキャラクターにしているサイトをたくさん見かけます。

男性を”釣っている”わけですね。

ぼ、僕は釣られてませんよ(汗)。

 

こう思うと、ベラジョンカジノのキモカワイイ”ラッキー”は、好き嫌いは別として怪しくはないと思えませんか?

やはり見た目ではなく、ライセンスなどの中身でオンラインカジノは選ぶべきです。

 

と言うわけで、ラッキーに会いたい人は、下のリンクからアカウント登録をどうぞ。

今なら当サイト限定で、30ドルのボーナスがもらえちゃいます。30ドルって約3300円分ですよ。

中には、登録だけで500ドルのボーナスがもらえるサイトを見たことがありますが、絶対に怪しいのでやめた方がいいです。

それこそ、難クセ付けられて出金させてもらえません。

 

 

 

↓セクシースロット”おいらんドリーム”

花魁ドリームは勝てるのか?機械割やスペックを解説!

100万円勝てる”ハワイアンドリーム”↓

ハワイアンドリームは勝てる?オンカジはパチスロよりも儲かるのか解説!

両機種ともベラジョンカジノと遊雅堂で遊べる!

↑登録するだけで30ドルプレゼント!

ベラジョンカジノは日本で違法ギャンブルなのか?逮捕される可能性について調べてみた

 

↑登録するだけで3千円プレゼント!

遊雅堂のアカウント登録と無料ボーナスのもらい方をキャプチャ画像で解説!