ハワイアンドリームに設定はある?機械割やボーナス確率などスペックについて解説

2020年4月12日

ギャンブル命!元パチンコ店店長の”ななしー”です。

今回は、パチスロの「沖ドキ」や「南国育ち」を再現した、ハワイアンドリームのスペックについて説明します。

 

オンラインカジノスロットのハワイアンドリームには、パチスロの様な設定はあるのでしょうか?

ボーナス確率や連チャン率など、スペックも気になりますよね。

 

ベラジョンカジノに登録して30ドルのボーナスをもらう

 

↑ハワイアンドリームが遊べるベラジョンカジノの登録はこちらからどうぞ!30ドルのボーナスがもらえます。

 

下の目次から、気になる所へジャンプできます↓

ハワイアンドリームは1,000万円勝てる爆裂スペック

まず初めに、こちらを見て下さい。

ハワイアンドリームで、102,900ドルを当てた日本人がいます。

日本円に換算すると、およそ1,100万円ぐらいですね。11万円じゃないですよ。ベンツが1台買える金額です。

 

ハワイアンドリームの詳細スペックについては、このあと詳しく説明します。

まずはハワイアンドリームは、パチスロなんか比にならないぐらいの”一撃性を秘めた爆裂スロット”と言うことを知って欲しいです。

皆さん、いつの時代も「連チャン」とか「爆裂」「一撃」って言う言葉好きですよね?(笑)

 

東京オリンピックが延期になったことで、パチンコ・パチスロの規制緩和も先延ばしになってしまった感があります。

更に2020年4月からは、パチンコホールも全面禁煙化とダブルパンチ。

これでは、「パチンコは斜陽産業」と言われてしまっても仕方がない部分もありますよね。

お客さんが減れば売上が少なくなるので、今より一層釘も設定も渋くなるのは明確です。

 

これに対してオンラインカジノは、風営法の規制を受けません。

「6号機は生ぬるい!」

「有利区間ウザイ・・・」

「5スロ・10スロなんかゲーセンと同じ」

と言う人は、1,000万円勝ちも狙えるハワイアンドリームで勝負してみてはどうですか?

同じお金を使うのなら、リターンが大きいギャンブルに投資するべきですよ。

 

今は、競馬や競艇・宝くじなどもネットで買える時代です。

パチンコ・パチスロだけですよね?まだネット化されていないのは。

ハワイアンドリームは、今このページを見ているスマホから遊べるんです。

↑16,800ドルって聞くと何だか少なそうな金額ですが、日本円で約150万円です!

パチスロ6号機には、もうドリーム(夢)はありませんが、ハワイアン”ドリーム”なら夢を現実にすることができます。

 

ハワイアンドリーム(Hawaiian dream)に設定はない

パチンコ店のパチスロには、大当たり確率が異なる設定1~6までの調整が、お店の任意でできる機能が付いています。

これに対し、ハワイアンドリームには「設定」はありません。

オンラインカジノのスロットは、すべて設定はないのです。

 

ハワイアンドリームは、制作メーカー(JTG)が発売した状態のままで、ボーナス確率や機械割(ペイアウト率)は変わらず固定です。

オンラインカジノの運営側で、これらの確率を任意で変更することはできないようになっています。

 

そのため、パチスロのような”台選び”をする必要がありません

いつ誰がハワイアンドリームを打っても、平等に遊べるのがオンラインカジノスロットの特徴と言えるでしょう。

 

ハワイアンドリームの機械割(ペイアウト率)は約97%

ハワイアンドリームの機械割(ペイアウト率)は97%メーカーから公表されています。

オンラインカジノには、NETENTやEvolution Gamingなど様々な有名メーカーが参入していますが、各社ともライセンス(許可)を取得して運営しています。

不正なプログラムや、一部の人間だけが得をする攻略法等がないことが、この第3者機関のライセンスによって証明されているのです。

 

ベラジョンカジノなど、オンラインカジノサイト自体もライセンスを取得していて、定期的に「抜き打ち検査」が実施されています。

もし、そこで不正などが発覚すれば、オンラインカジノとしてのライセンスが剥奪されサイトは閉鎖されます。

ですから、このハワイアンドリームの機械割(ペイアウト率)97%と言う数字は、信用できる機械割(ペイアウト率)と言えるでしょう。

 

日本のパチスロにも、保通協による検査がありますよね。

でも、パチスロの機械割(ペイアウト率)は製造メーカーの自主発表の数値であるため、正直あまりアテになりません。

昔は、第3者によるメイン基板の”ロム解析”が可能だったため、パチスロも正しい機械割(ペイアウト率)を知ることができました。

しかし、著作権上の問題からこのロム解析が禁止になって以来、機械割はメーカーの自主発表値のみ。

 

・・・これってどうなんでしょうか?

パチスロは、立派なギャンブルです。

公明正大が原則なハズです。

それなのに、第3者が解析などすることなくお客さんに打たせるって、僕はかなり問題があると思うのですが・・・。

 

保通協の検査では、解析までして詳しくチェックしないですからね。

競馬で例えて言えば、馬体重や騎手の体重を「自己申告」して、そのままレースに出ているようなものです。

 

 

ハワイアンドリームのボーナス確率などスペックの詳細

ハワイアンドリームは、通常時にリスピンを連続で当選させて、青7や赤7ボーナスを当てると言う流れがメインになります。

そして、そのボーナスをいかに連チャンさせられるかが、勝負の分かれ目となるのです。

ハワイアンドリームのボーナス確率など、スペックの詳細を見て行きます。

 

リスピンが揃うとボーナスの確率がどんどんアップしていく

ハワイアンドリームと言えば、やはり沖ドキを彷彿とさせるボーナスの連チャンが魅力です。

このボーナスの多くは、通常時のリスピンの連続から突入します。

リスピンとは、パチスロで言うリプレイのようなものです。

リスピンが連続で揃えば揃うほど、ボーナスの当選確率がアップしていくのです。

揃うたびに演出も音楽も変わっていく、あのドキドキ感は病みつきになりますよ。

 

そんなリスピンが揃う確率ですが、通常時は約1/14.2です。

通常時にリスピンを経由することなく、突然ボーナスが揃う確率は約1/600です。

やはりリスピンが揃わないとボーナスの期待度は低いですね。

 

そしてリスピンは一度揃うと、その後40%の確率で継続して行きます。

リスピンが、継続すればするほどボーナス確率もアップしていき、リスピンが4回連続で揃うとボーナスが確定!

次の5回転目で青7か赤7が揃い、後述するフリースピンに突入します。

 

通常時のリスピン確率は1/14.2で、ボーナス確率は1/600。

リスピンが1回揃った、次の2回転目でのボーナス確率は1/100。

以後、リスピンは40%の確率で継続します。

 

リスピンが2回連続で揃った、次の3回転目でのボーナス確率は1/22.7。

リスピンが3回連続で揃った、次の4回転目でのボーナス確率は1/4.7。

リスピンが4回連続で揃った、次の5回転目でのボーナス確率は1/1で確定となります。

 

リスピンが継続するか、ボーナスが揃うかは分かりません。

リスピン継続中は、リール上のリスピンの図柄の数が増えます。

3回連続でリスピンが揃って、次の4回転目は1/4.7の確率でボーナスが揃うので、個人的にはここが一番アツいポイントですね。

 

尚、リスピンからの当選も含めた、フリースピンの当選確率は1/89.4となっています。

意外と甘めの設定だと思いませんか?

 

フリースピンは8ゲーム1セットが連チャンする

オンラインカジノでは、ボーナスのことをフリースピンと呼ぶことがあります。

リスピン = リプレイ

フリースピン ボーナス

ですので、混同しないように覚えて下さいね。

 

ハワイアンドリームのフリースピンは、8ゲーム1セットになっています。

これが何セット連チャンするかが、ハワイアンドリームの最大の勝負所であり魅力でもあります。

フリースピン中は、小役が揃いやすくなり一気に稼ぐチャンス。

”フリー”スピンですから、マネーをベットすることなくタダで回すことができます。

つまり、揃った小役分は丸儲け。

 

そして、最終8ゲーム目でハイビスカスが光れば、ボーナスの連チャンが確定するのです。

いきなり2ゲーム目などでハイビスカスが光ることもあり、この辺りの演出は、プレイヤーを飽きさせない工夫がされていますね。

 

青7・赤7・金7のスペックが異なる3種類のボーナスがある

ハワイアンドリームには、3種類のボーナス(青7・赤7・金7)があり、それぞれボーナスとしてのスペックに違いがあります。

青7 < 赤7 < 金7 の順に大量獲得が期待できます。

 

メインとなるボーナスは、青7と赤7です。

出現率は7:3で、約70%が青7揃いのボーナスとなります。

確率は低いですが、金7ボーナスが揃うこともあります。

青7や赤7が揃った時に、画面端から金色の蝶々が飛んで来れば金7に昇格です!

僕は、今までに2回しか見たことがありません。

 

青7フリースピンが継続する確率は約65%で期待値は約35倍

一番出現率が高い青7。

フリースピンが継続する確率は約65%と、ソコソコ高めの連チャン率となっています。

僕の実践上では、5~7連チャンぐらいすることが多いですね。

引きが弱いと、単発や2連で終了ってこともありますが・・・。

 

ただ、約2~3%の確率で青7から赤7へ昇格することもあるので、青7だからと言って諦める必要はありません。※青7から金7へは昇格しません。

青7揃いのフリースピンの期待値は、ベット額の約35倍となっています。

 

赤7フリースピンが継続する確率は約85%で期待値は約87倍

ボーナスの約30%の確率で出現する赤7。

こちらのフリースピン継続率は、驚異の約85%です。

ヒキ弱の僕でも、余裕で10連チャン以上が狙えるハイスペックボーナスです。

赤7のフリースピン期待値は、ベット額の約87倍。

青7とは比べ物にならないくらい、一気に大量獲得が期待できます。

 

尚、赤7が揃ったと思ったら金色の蝶々が飛んできて、金7に昇格することもあります。

ガッツポーズをしてもいい瞬間です(笑)。

 

金7フリースピンは期待値が約50倍で転落後は赤7へ移行する

そして、アルティメットラッシュと呼ばれる金7のフリースピン。

リールが1ラインのみの特別な演出に変わり、女の子(小役)が揃い続ける限り継続します。

ゲーム数は決まっていません。

女の子は3人いて、各2倍・4倍・6倍の配当が当たります。

 

金7の期待値は約50倍と赤7よりも低いですが、金7フリースピン終了後は、通常時ではなく赤7フリースピンへ移行します。

金7は、赤7の上乗せ的な位置づけとなっています。

 

通常時に突然揃うサンセットボーナスの確率は1/296

通常時に突然画面上から、サーフィンをしている女の子の図柄が落ちてくることがあります。

そのまま画面中央で揃えば、サンセットボーナスへ突入。

画面下まで落ちて消えてしまったら、残念ながらハズレです。

 

このサンセットボーナスの当選確率は、1/296とちょっと低め。

忘れた頃に揃う、僕はそんなイメージですね。

 

このサンセットボーナスとは、ルーレット方式による抽選ゲームです。

ルーレットが止まった所の、各7図柄のボーナスや5倍~50倍の配当が当たります。

僕の実践上では、青7か赤7が揃うことが多いですね。

倍率配当は、ほとんど当たったことはないですが、ベット金額の50倍ってフツーにすごいですよね。

 

ハワイアンドリームにはジャックポットがなくフリースピンの連チャンで稼ぐ

ハワイアンドリームには、カジノスロットでお馴染みのジャックポットは搭載されていません。

ジャックポットは、当たれば確かに一撃で億単位を稼ぐことも可能です。

しかし、ジャックポット搭載機種の機械割は、約90%前後と低くなります。

 

ハワイアンドリームは、日本のメーカーJTGがパチスロをカジノスロットで再現したゲーム性が特徴です。

そのため、いつまで続くか分からない、フリースピンの連チャン性が醍醐味になっています。

通常時はリスピンの連続を狙い、フリースピンに突入したらハイビスカスがキュイ~ンと光るのを期待します。

右リールのスベリ演出やリール回転時の音の”遅れ”など、目押しがなくてもパチンコ・パチスロのような面白さを楽しめます。

 

フリースピンのトータル当選率が1/89.4甘く、パチンコの甘デジと同じぐらいの確率で遊ぶことができるのも良いですね。

 

どこのオンラインカジノからプレイしても同じスペックのハワイアンドリーム

冒頭でハワイアンドリームには、パチスロのような設定はないと説明しました。

いつ誰がハワイアンドリームで遊んでも、平等にチャンスがあります。

 

そしてハワイアンドリームは、どこのオンラインカジノから遊んでも確率は同じです。

オンラインカジノのサイトごとに、当たりやすいハワイアンドリームがあったりするわけではないのです。

オンラインカジノサイトの各違いは、ハワイアンドリームのゲーム性以外の部分、例えばもらえるボーナスや出金条件などです。

 

オンラインカジノごとにベットできるレートが違う

ハワイアンドリームのスペックは、どのオンラインカジノから遊んでも同じですが、唯一1ゲームでベットできるレートに違いがあります。

例えば、ベラジョンカジノのハワイアンドリームは、最小0.2ドル~最大200ドルまでベットできます。

カジノシークレットのハワイアンドリームは、最大0.2ドル~最大100ドルまでです。

100ドルは約11,000円ですので、どちらもかなりの高レート勝負になります。

より高レートで遊びたい人は、ベラジョンカジノのハワイアンドリームをおすすめします。

 

ボーナス条件もオンラインカジノごとに違う

先ほども少し説明しましたが、ハワイアンドリームのボーナス確率などスペックは、どこのオンラインカジノでも同じです。

カジノごとに違うのは、ボーナスがもらえる条件やボーナスで遊んだ場合の出金条件などです。

トーナメントなどのイベントも、各カジノサイトが独自に開催しています。

 

また、カジノごとに利用できる入金方法や出金方法の違いがありますので、スムーズに簡単に利用できるカジノを選ぶことをおすすめです。

ハワイアンドリーム自体のスペックは、どこのオンラインカジノも同じですので、それ以外の条件でどこで遊ぶのかを比べてみましょう。

 

ハワイアンドリームを遊ぶならベラジョンカジノがおすすめ

ハワイアンドリームに後継機種”クリスマスバージョン”が登場!

より荒波スペックになって、134連チャンも目撃!

 

こんなハワイアンドリームを遊ぶなら、僕はベラジョンカジノをおすすめします。

ボーナスの出金条件が他のカジノより甘いことと、入金や出金方法が豊富でカンタン便利だからです。

もちろん、ベラジョンカジノは日本語に対応。

↓今なら下記リンクから登録すれば30ドルのボーナスがもらえて理論上の機械割がアップします。

 

ベラジョンカジノに登録して30ドルのボーナスをもらう

 

 

↓こちらのカジノシークレットでも、ハワイアンドリームは遊べます。

他のカジノにはない、キャッシュッバック方式を採用。

キャッシュバックですから出金条件がなく、すぐに引き出せるのが嬉しいですね。

もちろん、日本語に対応しています。