ベラジョンカジノで課金に使えるクレジットカードの種類は?入金できるブランドを解説!

2021年6月29日

今回は、オンラインカジノ人気ナンバーワン「ベラジョンカジノ」で使えるクレジットカードの種類について説明します。

ベラジョンカジノにお金を入金(課金)する方法で、初心者の人におすすめなのがクレジットカードを使った入金です。

しかし、すべての種類のブランドが使えるわけではありません。

この点について詳しく解説しますね。

 

 

この記事の要点は、下の目次から分かります。

気になる所をクリックしてジャンプして下さい。

 

ベラジョンの課金に使えるクレジットカードはVISA・MasterCard・JCB・アメックス

ベラジョンカジノで課金(入金)する時に使えるクレジットカードの種類は、VISA(ビザ)とMasterCard(マスターカード)ブランドの2種類です。

それ以外のブランドのクレジットカードは、現在は使えません。

 

2020.5.20 追記

ベラジョンカジノが、JCBとアメックスのブランドにも対応しました。

JCB・アメックスのクレジットカードはもちろん、LINE Payでも入金が可能に!

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

 

VISAとMasterCardと言えば、2大国際ブランドのクレジットカードですよね。

とりあえず、この2種類のクレジットカードさえ持っておけば、国内はもちろん海外でもほとんどのお店で使うことができます。

 

ベラジョンカジノを初め、ほとんどのオンラインカジノサイトが、このVISAとMasterCardのクレジットカードに対応しています。

反対に、この2種類以外のブランドのクレジットカードには、課金(入金)に使えないカジノサイトがほとんどです。

オンラインカジノでは、主にVISAとMasterCardブランドのクレジットカードが使えると覚えておきましょう。

 

ちなみに僕は、VISAブランドのクレジットカードでいつも入金しています。

ベラジョンカジノで入金する際は、VISAかMasterCardブランドのクレジットカードを用意して下さいね。

 

Vプリカ(VISAプリペイドカード)は課金に使えないことがある

VISAのクレジットカードが課金(入金)に使えると聞くと、「では、Vプリカは使えるの?」と疑問に思う人がいると思います。

Vプリカとは、VISAのプリペイド式カードのことですね。

先にカードにチャージしておいて、その金額分だけ使えると言うカードです。

プリペイド=前払いですから、後払いであるクレジットカードではありません。

 

このVプリカもVISAブランドですが、果たしてベラジョンカジノの課金(入金)に使えるのでしょうか?

実は、Vプリカでの入金は何とも言えません。

その時々によって、入金できたりできなかったりします。

 

ベラジョンカジノの公式でも、下の注意書きの画像のように「Vプリカは、使えない場合があるので保証はできない」と発表しています。

使える・使えないの基準は不明確で、Vプリカのカード発行会社の違いなのか、使うタイミング(時期)によるものなのかは分かっていません。

わざわざ、Vプリカを買ったのに入金(課金)に使えないともったいないですので、現在すでに手元にVプリカがある人は、ダメ元の気持ちで試してみてはいかがでしょうか。

 

同じVISAブランドのカードでも、ベラジョンカジノで使えるカード種類は、VISAクレジットカードです。

VISAプリペイドカードは、実際に使ってみなければ入金できるかどうかが分かりません。

 

JCBやアメックス・ダイナースのクレカは使えない

「え?ベラジョンカジノって、VISAとMasterCardのクレカしか使えないの?JCBやアメックスではダメ?」と言う人もいると思います。

残念ながら先ほど説明しました様に、ベラジョンカジノの課金(入金)に使えるクレジットカードの種類は、現在はVISAとMasterCardの2種類のみです。

その他のブランド、JCBやアメックス(アメリカンエキスプレスカード)、ダイナースクラブ、銀聯(ぎんれい)は使えません。

 

JCBカードは、カジノシークレットと言うオンラインカジノで最近ようやく使えるようになりましたが、それ以外のアメックスなどのブランドは、今後もオンラインカジノへの課金対応は難しいと思います。

VISAかMasterCardブランドのクレジットカードを持っていない人は、新たに新規でクレジットカードを作るか、今あるクレジットカードのブランドの変更を検討してみて下さいね。

※クレジットカードのブランドを変更すると、一緒にカード番号も変わります。

 

セディナやオリコ・楽天カードはブランド次第で使える

「じゃ、セディナカードやオリコカードは、ベラジョンカジノで使えるの?」と思う人もいることでしょう。

上記以外にイオンカードや楽天カード・ヤフーカードなど、クレジットカードの種類は無数にあります。

 

でも、今挙げた種類のクレジットカードが、ベラジョンカジノの課金に使えるのか?と聞かれたら、僕は答えに困ってしまいます。

例えば、楽天カードでも使えるカードと使えないカードがあるからです。

意味が分からないですよね?

大丈夫です、僕も初めはそうでしたから。

 

楽天クレジットカードのVISAかMasterCardブランドなら使えますが、楽天クレジットカードのJCBやアメックスブランドは使えません。

ですから、「楽天カードは使えますか?」とだけ聞かれても、返事に困ってしまうのです。

この場合の僕は、「クレジットカードの国際ブランドは何ですか?」と聞き返すでしょう。

もちろん、楽天ポイントカードは論外です、使えませんよ(笑)。

 

せっかくなので、クレジットカードの国際ブランドと国内ブランド、そして提携カードについて少し説明をしたいと思います。

画像引用元:楽天カード https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-card/?l-id=corp_oo_cchoice_detail_201710_silver_pc

 

楽天のクレジットカードは、新規申し込みする際にMasterCard・アメックス・VISA・JCBの4つの国際ブランドから選べます。

この中で、VISAかMasterCardブランドを選んで作成した楽天クレジットカードなら、ベラジョンカジノの課金に使えるのです。

 

 

クレジットカードの国際ブランドの種類

クレジットカードの「クレジット」とは、「信用」と言う意味。

その場で現金で支払わず、後払いするから「信用」なのでしょう。

 

さて、クレジットカードはそれぞれのブランドの加盟店で使えるわけですが、大きく分けて国際ブランドと国内ブランドがあります。

 

まずは、国際ブランドから説明します。

国際ですから、全世界で展開しているクレジットカードのブランドです。

※もちろん、使うお店がそのブランドに加盟していなければ使えません。お店のレジや入り口に、各ブランドのロゴマークがいっぱい掲示してありますよね。あれです。

 

①VISA

②MasterCard

③JCB

④アメリカンエキスプレス

⑤ダイナース

⑥銀聯(ぎんれい)

⑦ディスカバー

 

①のVISAは、世界でナンバーワンのクレジットカードブランド。およそ半分のシェアを占めています。(使える加盟店が多い)

とりあえずVISA1枚持っておけば、海外旅行は困らないと言われる理由がそのシェアの高さです。

 

②MasterCardは、VISAに続いてシェア2位で約25%を誇ります。ほとんどの人は、VISAかMasterCardのどちらかのクレジットカードを持っているのではないでしょうか?

 

③JCBは、日本発の国際ブランドのクレジットカードです。VISAやMasterCardなど、ほとんどの国際ブランドはアメリカ企業です。

国内・国外問わず使いやすいので、JCBカードを持っている人も多いですよね。

 

④アメックスカードと⑤ダイナースは、ステータスブランドのクレジットカードですね。

お金持ちなど富裕層の人しか持てないカードです。

僕の様な貧乏人では、その年間費すら払えません(笑)。

 

⑥銀聯は「ぎんれい」と読みます。中国発のクレジットカードで、世界シェアは3位の約10%!

初耳の人も多いと思いますが、中国は人口が13億人と多いのでシェアもここまで高いのです。

 

⑦ディスカバーも国際ブランドですが、銀聯に続き初耳なクレジットカードです。それもそのはず、日本国内では発行されていないブランドだからです。

 

以上7つが、主なクレジットカードの国際ブランドです。

日本国内だけでなく、海外の加盟店でも使える種類のカードです。

 

クレジットカードの国内ブランドの種類

日本国内で発行されるクレジットカードのブランドは、

・三菱UFJニコス

・セディナ

・セゾン

・ジャックス

・三井住友

・オリコ

・イオンカード

・楽天カード

など他にもたくさんあります。

 

これらは、各社がクレジットカードを発行していて、日本国内の加盟店であれば使うことができます。海外では使えません(加盟店がありません)。

簡単ですが、まずはクレジットカードの国際ブランドと国内ブランドとの違いが分かりましたでしょうか?

 

提携クレジットカードと言われるカードもある

この提携クレジットカードは、今回のベラジョンカジノの入金には直接関係ありませんが、ついでなのでザックリ説明します。

提携クレジットカードとは、上記の国内ブランドカード会社と他社が提携して発行しているクレジットカードです。

 

国内ブランドのカード会社は、独自に自社でクレジットカードを発行しています。

でも、例えばウォルマートカードやヤマダLABIカード・パルコカード・ベネッセイオンカードなどは、それぞれ会社ではクレジットカードの発行をしていません。

上記の国内ブランド会社と提携して、クレジットカードを発行してもらっているのです。

 

例えば、ベネッセイオンカードは、ベネッセがイオンカードと提携して発行しているクレジットカードです。

ベネッセは、自社でクレジットカードの発行をしていないため、イオンカードと提携をして発行してもらっているのです。

ヤマダLABIも同様に、ヤマダ電機がクレディセゾンと提携してクレジットカードを発行しています。

 

ますます、ややこしくなりましたよね?

読まなきゃよかった?(笑)

 

ベラジョンカジノで使えるクレジットカードの種類は「国際ブランド」であるVISAとMasterCard

さて、話がかなりそれました。

話をベラジョンカジノに戻します。

 

ほとんどの国内ブランドのクレジットカードは、海外でも使えるように国際ブランドと提携をして発行しています。

国内ブランドだけでは使い勝手が悪いので、国内+国際ブランドとなっているわけです。

※ベラジョンカジノを初め、すべてのオンラインカジノは海外で運営されています。日本国内で運営されているオンラインカジノは、違法ギャンブルで賭博罪に違反します。

 

もし、手元にクレジットカードがある人は、カードの表面をよく見て下さい。

僕は、ウォルマートカードを持っていますが、クレディセゾンのブランドマークとアメックスのブランドマークが付いています。

ウォルマート(食品スーパーの西友)が、クレディセゾンと提携してクレジットカードを発行してもらい、更に国際ブランドのアメックスと提携しているわけです。

ウォルマート + クレディセゾン + アメックスですね。

画像出典元:自分のカード

 

何となく国際ブランド・国内ブランド・提携カードの違いが分かりましたでしょうか?

明日のテストに出るかもしれません(笑)。

ここまでの説明を踏まえて、もう一度楽天カードを例に挙げてみます。

 

楽天のクレジットカードと言っても、提携している国際ブランドは4種類あります。

VISA・MasterCard・JCB・アメックスの4つです。

つまり、一言で楽天クレジットカードと言っても、どの国際ブランドと提携しているかによって、ベラジョンカジノの入金(課金)に使えるかどうかが変わってくるのです。

 

この場合、楽天VISAカードと楽天MasterCardならベラジョンカジノで使えます。

楽天JCBカードと楽天アメックスカードは、ベラジョンカジノでは使えません。

楽天ポイントカードは、ファミマで使えます。

記事中でも書きましたように、楽天JCBや楽天アメックスの人は、楽天VISAか楽天MasterCardにブランド変更すれば使えるようになります。

 

まとめますと、早い話がクレジットカードの表面の右下に「VISA」か「MasterCard」のマークが付いているクレジットカードなら、ベラジョンカジノの課金に使えるということです(笑)。

 

ただ、実際に「楽天カードは、ベラジョンカジノで使えますか?」と言う質問を頂くので、今回ついでにクレジットカードについての説明もしてみました。

使えるかどうかを判断するポイントは、クレジットカードの国際ブランドは何か?です。

 

使えるクレジットカードが分かった所で、VISAかMasterCardを持っている人は、早速ベラジョンカジノに課金(入金)してみましょう。

まだベラジョンカジノにアカウント登録をしていない人は、こちらのリンクからどうぞ。

当サイト限定で、今なら入金することなく無料の$30ボーナスがもらえます。

 

 

 

 

ベラジョンカジノの姉妹サイト「遊雅堂(ゆうがどう)」が登場!

日本円をそのまま銀行送金で入出金ができて超便利!

8/31までの当サイト限定特典として、上記バナーからアカウント登録するだけで6,000円分の無料ボーナスを進呈!

もちろん、大人気スロットのハワイアンドリームも遊べます^^