ハワイで宝くじは買える?パワーボールやメガミリオンズは売ってるのか?

2020年2月29日

ハワイも大好き!ギャンブル狂の元パチンコ店店長の”ななしー”です。

 

アメリカのロト宝くじと言えば、パワーボールとメガミリオンズですよね。

これからハワイに海外旅行に行く予定の人、もしくは今すでにハワイにいる人なら、ぜひ買ってみたいと思うはずです。

と言うわけで、ハワイのどこでパワーボールやメガミリオンズなどの宝くじが買えるのか?について、今回は調べてみました。

 

この記事の結論:ハワイには、ロト宝くじは売っていません。残念ながら、パワーボールやメガミリオンズは買えませんので、代わりにロトランドで購入しましょう。

 

 

ハワイは宝くじなどギャンブルが禁止されている

これは意外。

実はハワイでは、州法により一切のギャンブルが禁止されているのです。

 

観光客が多いのでカジノとか造れば儲かりそうですが、言われてみれば、ハワイでカジノとか聞いたことがないですよね。

ハワイ州民の人も、カジノをするためにラスベガスへ行くことが多いようです。

ハワイ州はギャンブルが禁止、です。

 

ハワイにはパワーボールやメガミリオンズは売っていない

と言うことは、宝くじやロトも立派なギャンブルですから、ハワイにはパワーボールやメガミリオンズ、そして州独自の宝くじも売っていません。

アメリカって、ロト宝くじの自動販売機がコンビニなどに置いてありますが、もちろんハワイでは設置は禁止されています。

 

パワーボールとメガミリオンズは、アメリカ全土で発売されているロト宝くじです。

但し50ある州のうち実際にパワーボールとメガミリオンズが売っているのは、その中でも44の州だけ。

 

残りの6つの州、

・アラバマ州

・アラスカ州

・ミシシッピ州

・ネバダ州

・ユタ州

・ハワイ州

では、パワーボールやメガミリオンズは売っていないのです。

「全米で発売されている」と言えども、これら6つの州は対象外になります。

 

有名なラスベガスがあるネバダ州では、カジノ業界から反対されていたり、アラバマ州やユタ州は宗教的な理由で禁止されています。

ハワイの他、上記の州でパワーボーやメガミリオンズを買おうとしている人は、現地では買うことはできませんので気を付けて下さいね。

 

※上記の6つの州は、パワーボールとメガミリオンズが売っていない州です。

6つすべての州が、ハワイ州のようにギャンブルが禁止されているわけではありません。

例えばミシシッピ州にはカジノがありますし、近年、州独自のスクラッチくじも発売されました。

 

と言うわけで、結論をまとめますと・・・

ハワイではギャンブルが禁止されているため、パワーボールやメガミリオンズなどロト宝くじを買うことはできません。残念!

 

ロトランドならハワイに居てもスマホから宝くじが買える

ロトランドって言う、ロトベッティングサイト知ってますか?

このロトランドを利用すれば、ハワイに居てもパワーボールやメガミリオンズなど、ロト宝くじの抽選結果を予想して買うことができるのです。

 

と言うか、ロトランドはスマホから参加できるロトベッティングサイトです。

ハワイにいても日本国内にいても、ネットさえ繋がれば世界中のどこからでも、パワーボールやメガミリオンズなどのロト宝くじを買うことが可能。

スマホから予想を賭けますので、実際に紙のチケットを手にすることはできませんが、わざわざ買いに行かなくてもいいので便利です。

 

ロトランドを知らなかった人は、ぜひ一度試してみて下さい。

 

 

日本国内から海外のロト宝くじを買うのは違法

「いやいや、ちょっと待ってよ。日本国内から海外のロト宝くじを買うのは違法なのでは?」

そうです、日本国内からネットなどを使って海外のロト宝くじを買ことは法律で禁止されています。

 

でもですね、ロトランドはロト宝くじを売っている訳ではありません。

日本国内からロトランドを利用して、パワーボールやメガミリオンズを買っても違法にはならないのです。

 

ロトランドが違法にならない仕組みは、以前こちらの記事で詳しく解説しています。

 

ネットの代行業者を利用して、パワーボールやメガミリオンズを買うことも違法になります。

そもそも、この海外の宝くじ代行業者は、詐欺事件が多く社会問題にもなっています。

最終的には、自己判断の自己責任でお願いします。

 

 

ロトランドは日本国内から宝くじを買っても違法にならない

ロトランドが違法ではない仕組みを、簡単に説明します。

代行業者を利用して正規チケットを買えば、これは「海外のロト宝くじを日本国内から買った」ことになり違法です。(富くじ罪に違反する)

でもロトランドは、パワーボールやメガミリオンズの正規チケットを売っているわけではありません。

 

ロトランドは例えばパワーボールならパワーボールの抽選結果を予想する賭けを、お客さんに提供しています。

パワーボールの正規チケットを発行したり抽選をしたりなどパワーボールの運営には一切関与していません。

ロトランドは、パワーボールの主催者「全米宝くじ協会」とは、全くの無関係なのです。

当たった賞金も、ロトランドから支払われます。

 

ロトランドの仕組みが分からない人は、先ほど紹介したロトランドは違法?海外の宝くじを日本国内から買うことは合法なのか?ぜひ読んでもらえればと思います。

ロトランドが違法にならない仕組みが、(たぶん)分かると思います。

 

このようにロトランドは、ロト宝くじを発行しているわけではありません。

お客さんは、海外のロト宝くじを買っている訳ではないのです。

これが、ロトランドからパワーボールやメガミリオンズの抽選結果の予想を買っても、富くじ罪で違法とはならない理由になります。

 

【まとめ】ハワイは宝くじが禁止されているのでロトランドから買うしかない

全米で発売されているパワーボールとメガミリオンズ。

残念ですが、ハワイ州は発売対象外の地域です。

それどころか、ハワイ州はギャンブル自体が禁止されていますので、州独自の宝くじなども一切売っていません。

 

ハワイは、アメリカ本土から遠く離れた島ですから、「ちょっと隣の州までロト宝くじを買いに・・・」と言うことも無理ですよね。

だからと言って、ネットの代行業者からパワーボールやメガミリオンズの正規チケットを買えば、これは富くじ罪に違反する違法行為です。

 

そこで、ロトベッティングサイトのロトランドを利用します。

ロトランドは、パワーボールやメガミリオンズの他、世界各国で行われているロト宝くじをスマホから24時間365日楽しむことができます。

イギリスやアイルランドなど、各国の政府のライセンスを得て合法的に運営されているので、詐欺などの心配はありません。

 

しかも、高額な賞金の支払いに備えて保険にも加入済み。

「100億円当たったけど、ロトランドが破産した」ってことはありません。

過去には、ロトランドから115億円の賞金が支払われて、ギネスブックにも載ったことがあります。

画像出典元:ギネスブック公式サイト https://www.guinnessworldrecords.com/world-records/530150-largest-online-betting-payout

 

それに正規チケットではできない、ロトランドオリジナル特典もあるのでお得です。

今なら下記リンクからロトランドに登録すると、通常よりも割引価格で予想チケットを買うことができます。※当サイト限定です。下記リンク以外の登録は無効となります。

 

 

【上記リンクからの特典内容】

・スクラッチカード

・パワーボール

・メガミリオンズ

 

の合計1250円分のチケットが、なんと750円引きの500円ポッキリで買うことができます。

ベラジョンカジノの姉妹サイト「遊雅堂(ゆうがどう)」が登場!

日本円をそのまま銀行送金で入出金ができて超便利!

8/31までの当サイト限定特典として、上記バナーからアカウント登録するだけで6,000円分の無料ボーナスを進呈!

もちろん、大人気スロットのハワイアンドリームも遊べます^^