ルーレットでモンテカルロ法は禁止?ベラジョンカジノに聞いてみた

2020年6月3日

ギャンブル大好き!元パチンコ店店長の”ななしー”です。

今回は、「モンテカルロ法は、カジノで禁止されているのか?」について、ベラジョンカジノのサポートに聞いてみました。

リアルカジノではメモを取ることが禁止されているため、モンテカルロ法は使えないと言われています。

しかし、オンラインカジノならメモしてもバレないですよね。

 

でも、もし賭け方などでモンテカルロ法をやっていることがバレて、アカウントが凍結されることだけは避けたいのも事実。

「モンテカルロ法は、本当に禁止されているのか…?」

そんな悩みを解決するために、実際にベラジョンカジノにサポートに聞いてみました。

 

 

↓目次を読めば、記事の要点が分かります。気になる所をクリック↓


↓ハワイアンドリーム遊ぶなら遊雅堂 ↑登録するだけで3千円プレゼント!

ベラジョンカジノではモンテカルロ法は禁止されていない

結論から先に言いますと、ベラジョンカジノではモンテカルロ法は明確に禁止されていません。

今回僕が、ベラジョンカジノのサポートに聞いた時の回答メールを紹介します。

 

—ここから—-

マーチンゲール法やモンテカルロ法などについては、キャッシュでのプレイであれば現時点では特に問題はございません。

その他の賭け方によっては、ゲームプロバイダーからの指摘を受けるケースがございますので、その際はご注意いただけますと幸いです。

—-ここまで—-

 

基本的にベラジョンカジノでは、”攻略法”と呼ばれる類の賭け方は禁止されていないようです。

とりあえずは、モンテカルロ法を使っても即アカウント凍結にはならないようで安心しました。

 

…ただ「キャッシュでの」と言う文言が気になりますよね。

言い換えれば、ボーナスでのモンテカルロ法は禁止されているの?と言う新たな疑問が浮かびます。

 

モンテカルロ法はベラジョンカジノのボーナス規約に違反する可能性も

恐らくベラジョンカジノのサポートが「キャッシュでの」と回答した訳は、この規約があるからだと思います。

↑これは、ベラジョンカジノの利用規約の一部です。ボーナスの使い方(賭け方)についての注意点が書かれています。

赤枠で囲まれたところを見て下さい。

文章の後半に「複数の結果をカバーする賭け方」とありますよね。

 

これは、具体的に・・・

・ルーレットで赤と黒を同時に賭ける

・ルーレットで奇数と偶数を同時に賭ける

・ダズンベットで3通りすべてに賭ける

・コラムベットで3通りすべてに賭ける

などが「複数の結果をカバーする賭け方」に該当します。

 

もちろん、ストレートアップベットで全部の数字に賭けるのも含まれますが、モンテカルロ法を使ってこの規約に違反しそうなのは、上記の4つの賭けパターンだと思います。

モンテカルロ法自体は、「赤黒のどちらか」「ダズンベットのいずれか」に賭けるのが基本です。

しかし、中にはモンテカルロ法+60%法など、他の攻略法と組み合わせる賭け方もありますよね。

そんな時に、このベラジョンカジノのボーナス規約に違反する可能性が出てくるのです。

 

モンテカルロ法でボーナスの「出金条件稼ぎ」をするのは禁止

ちなみになんですが、なぜこのような賭け方が禁止されているか分かりますか?

それは、ベラジョンカジノでは「受け取ったボーナスの20倍の賭けをする」と言う出金条件があるからです。

これは単に20倍賭けさえすれば良く、勝ち負けは関係ありません。

 

例えば30ドルのボーナスを受け取った場合、600ドル分の賭け(ベット)さえすれば、その時点で残っているボーナスは、キャッシュとして出金することができます。

つまり、ルーレットで赤と黒の両方に賭け続ければ、稀に「0」で負けることはあるにせよ、ほぼノーリスクで賭け条件を達成できてしまうのです。

ボーナスを増やす目的ではなく、勝ち負け度を度外視した出金条件狙いの賭け方は禁止と言うことですね。

 

先ほどのベラジョンカジノのサポートメールでは、「賭け方によっては」とも書いてあります。

恐らくこれは、「ボーナスを使っている時にモンテカルロ法でこの不規則な賭け方をすると、場合によってはゲームプロバイダー(メーカー)から指摘される可能性がありますよ」ってことだと、僕は解釈しています。

その根拠が、上記のボーナスの利用規約にある「複数の結果をカバーする賭け方」の部分です。

 

個人的には、基本的な賭け方のモンテカルロ法なら大丈夫だと思います。

しかし、モンテカルロ法をアレンジしたり他の攻略法と組み合わせると、自分の意に反して不正と見なされる可能性があるかもしれないと思っています。

キャッシュなら堂々とモンテカルロ法で賭ければ良いですが、ボーナスでモンテカルロ法を使う時は、少し気を付けた方が良さそうですね。

 

ブラックジャックのカードカウンティングは禁止されている

モンテカルロ法は、いわゆる”攻略法”と呼ばれている賭け方です。

本当に攻略できるのか?何を攻略するのか?は、ご想像にお任せします(笑)。

 

今回、ベラジョンカジノのサポートに聞いてみて、モンテカルロ法はとりあえずキャッシュなら禁止されていない、ボーナスなら賭け方に気を付ける、と言うことが分かりました。

少なくとも、明確にモンテカルロ法が禁止されていないことは確かです。

 

ここで、ひとつの疑問が浮かびます。

なぜ、”攻略法”と呼ばれているモンテカルロ法を、ベラジョンカジノは禁止しないのでしょうか?

モンテカルロ法を禁止しても、やはりオンラインカジノだから、メモすることまでは管理できないからなのでしょうか?

モンテカルロ法と言えば、モナコのカジノを潰したと言う都市伝説があるぐらい(笑)、有名な賭け方なんですよ。

モンテカルロ法を禁止しないと、ベラジョンカジノも潰されてしまいます。

 

その理由は、こちらを見れば分かります↓

「カードを数えたり」とは、カードカウンティングのことです。カードを”カウントする(数える)”ことですね。

ちなみに、今回のベラジョンカジノのサポートの返信からも・・・

”カードのカウンティングは不正行為となりますため、ご注意くださいませ。”と付け加えられていました。

カードカウンティングは、利用規約で明確に禁止されています。

 

・・・モンテカルロ法は禁止されていないけど、カードカウンティングは禁止されている。

この違いは、何なんでしょうか?

 

補足:カードカウンティングは、主にブラックジャックで効果を発揮します。

場に出ているカードを数えて暗記して行き、これから出る残りのカードを予想する行為です。

自分に有利なカードが、まだデッキ(カードの山)に残っていると判断できた時に、一気に大賭けして稼ぐ攻略法がカードカウンティングです。

カンタンに言えば、麻雀で自分の欲しい牌があとどれぐらい山に残っているか、捨て牌から予想するようなものです。

カードカウンティングはリアルカジノでも禁止されており、バレると出禁になります。

 

 

モンテカルロ法は期待値が100%を超えないがカードカウンティングは超える

モンテカルロ法は禁止されてなく、カードカウンティングが禁止されている理由・・・。

それは、モンテカルロ法は期待値が100%を超えないが、カードカウンティングは期待値が100%を超えるからです。

 

期待値とは、そのギャンブルが計算上(理論上)どれぐらい儲かるか?と言うのを数値化したものです。

期待値は還元率とも言われており、パチスロで言う機械割と同じ意味の言葉です。

期待値が100%なら、100円賭ければ100円戻って来る計算のギャンブルになります。

105%なら、105円戻って来る計算ですね。

 

シングルゼロのヨーロピアンルーレットの期待値は、どんな賭け方をしても約97.3%です。

モンテカルロ法を使っても、この期待値は分からず同じです。

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

 

ルーレットに対して、ブラックジャックの期待値は通常約98~99%ですが、カードカウンティングを使えば100%を超えることも可能です。

カードを数えて残りのカードを予想できるようになれば、期待値(還元率)が100%を超えてしまうんですね。

プレイヤー側から見た還元率が100%を超えると言うことは、カジノ側から見ればカードカウンティングを使ったブラックジャックは、理論上”赤字”になるギャンブルになってしまいます。

これでは、商売としてやっていけません。

だからベラジョンカジノでは、カードカウンティングが禁止されているのです。

 

でも、モンテカルロ法はどんな賭け方をしても、期待値は100を超えません。

理論上は、カジノ側が儲かる計算になります。

だからベラジョンカジノでは、モンテカルロ法を明確に禁止していないのです。

 

これでモンテカルロ法が禁止されていない理由、カードカウンティングが禁止されている理由が分かりましたよね。

 

オンラインカジノだからモンテカルロ法はバレないは間違い

そう言えば、「オンラインカジノだからメモしてもバレないので、禁止されてるモンテカルロ法を使って稼ごう。」と書いてあるサイトを見たことありませんか?

でも、これは間違った情報だと分かりますよね。

ベラジョンカジノでは、モンテカルロ法は明確に禁止されていません。少なくとも、キャッシュならOKです。

メモする or しないは関係ないのです。

 

そもそもモンテカルロ法って、「4ドルからスタートして負けたら~」と賭け方がパターン化されています。

ちょっと注意深く見れば、「あっコイツ、モンテカルロ法やってるな」ってすぐに分かります(笑)。

それにベラジョンカジノでは、1ゲーム1ゲームすべてのゲーム履歴が残ります。

サポート側で確認しようと思えば、モンテカルロ法の使用を見破ることは容易でしょう。

 

「オンラインカジノだからバレない」ではなく、「モンテカルロ法は禁止されていない」「バレてるけど、見逃されているだけ(笑)」が正解です。

「バレないから稼ごう」と書いているサイトの情報は、間違った情報ですね。

モンテカルロ法の期待値は100%を超えませんので、煽られて必要以上に期待しないように気を付けて下さい。

 

【まとめ】モンテカルロ法は期待値が100%を超える必勝法ではない

今回調べて分かったことは、モンテカルロ法は攻略法(?)と言われていますが、「必勝法」ではないと言うことです。

「じゃ、攻略法と必勝法はどう違うんだ?」と言われれば、それはそれで困りますが、少なくとも「必勝」ではないことは確かですね。

モンテカルロ法は期待値が100%未満であることと、ベラジョンカジノでは禁止されていないことがそれを証明しています。

※ちなみに僕は、モンテカルロ法は攻略法ではなく、ただの「ルーレットの賭け方のひとつの楽しみ方」程度にしか思っていません。

 

そもそも、ギャンブルに「必勝」なんてものは存在しないです。

ネット上に、本物の「攻略法」「必勝法」「確実に稼げる、儲かる」なんて情報が出回っているわけがありません。

だからと言って、公開されていない有料情報なら本当かと言うと、それこそ「極秘有料情報」などは詐欺です。

この手の詐欺は「独自のロジック(手法)で~」と宣伝し、LINEでの勧誘を勧めてきます。※経験アリ。

 

もう一度言います。

ギャンブルに「必勝」なんてものは存在しないです!

カードカウンティングは、ある意味「攻略法」と言えるかもしれませんが、カードを数えるだけの誰でも思いつく原始的なアナログ手法です。

特定の人しか知らない「攻略法」「必勝法」はありません。騙されないよう気を付けましょう。

 

カジノ側の不正チェックは、想像以上に厳しいです。

例えばリアルカジノでは、カードカウンティングをして運悪く数百万円負けていても出禁になります。

勝ち負けに関係なく、カードカウンティングは禁止されているのです。

 

何だか「詐欺に騙されるな!」と言う内容になってしまいましたが、モンテカルロ法などの「攻略法」と言われる類は、ルーレットを楽しむための賭け方のひとつだと僕は思います。

稼ぐことだけを目的としてモンテカルロ法を使うのは、期待値が100%未満である以上やめた方がいいですよ。

ルーレットを楽しむどころか、逆に思うように勝てずにストレスが溜まります。

 

あと、稼ぎたいばかりの欲を出すと、そこにつけ込まれて人は詐欺に引っかかるのです。

ギャンブルとは、賭けを楽しむものです。稼ぐものではありません。

 

 

 

↓セクシースロット”おいらんドリーム”

花魁ドリームは勝てるのか?機械割やスペックを解説!

100万円勝てる”ハワイアンドリーム”↓

ハワイアンドリームは勝てる?オンカジはパチスロよりも儲かるのか解説!

両機種ともベラジョンカジノと遊雅堂で遊べる!

↑登録するだけで30ドルプレゼント!

ベラジョンカジノは日本で違法ギャンブルなのか?逮捕される可能性について調べてみた

 

↑登録するだけで3千円プレゼント!

遊雅堂のアカウント登録と無料ボーナスのもらい方をキャプチャ画像で解説!