エコペイズの振込先オーバーシーズ(カ とはどんな会社?ネットや電凸で調べてみた

突然ですが「オーバーシーズ」って聞くと何を思い浮かべますか?

時計?旅行会社?英会話?投資?食品販売店?

ネットで検索すると、色んなジャンルの企業がヒットします。

 

そんな中、今回は…

・何でオーバーシーズ(カ へ振込するの?

・もしかして振り込め詐欺?

・エコペイズとの関係性は?

・オーバーシーズってどんな会社よ?

と言う疑問について調べてみました。

電凸もしてみましたよ。

 

 

【結論】

・オーバーシーズ株式会社とは、決済代行を主な業務としている会社です。

・入金処理を簡単にするためで、怪しい振り込め詐欺ではありません。

・コンビニ決済やクレジットカード決済を取り扱っています。

・実際に電凸してみたところ、エコペイズとの取引も確認できました。

 


↓花魁ドリーム&ハワイアンドリーム遊ぶなら遊雅堂 ↑当サイト限定!登録するだけで3千円プレゼント!

オーバーシーズ(カはオーバーシーズ株式会社

この記事にたどり着いたあなたは、

「エコペイズの振込先がオーバーシーズって怪しくない?」

って思ったことでしょう。

オレオレ詐欺の電話は相変わらず多いみたいですが、ネット上でも詐欺サイトはたくさん存在します。

ですから、少しでも「怪しい…詐欺かも…」と思ったら、こうして振込をする前に検索して調べることは大切だと思います。

 

↑これです。

てっきりエコペイズに振り込むと思っていたら、口座名義が「オーバーシーズ(カ」って…。

ちょっと不安になりますよね。

 

で、今回のエコペイズの振込先である三井住友銀行の「オーバーシーズ(カ」とは、オーバーシーズ株式会社のことです。

オーバーシーズや株式会社オーバーシーズなどではなく、オーバーシーズ株式会社です。

社名の後ろに(株)があるヤツの方ですね。

 

画像引用元:オーバーシーズ株式会社

http://overseas-inc.co.jp/company#com

↑ネットで検索すれば、ちゃんとホームページが出てきます。

 

エコペイズへの決済を代行

「オーバーシーズ」で検索すると、時計や旅行代理店、英会話など色々出てきますが、エコペイズの振込先は決済代行を業務とする「オーバーシーズ株式会社」です。

決済代行とは、その名の通り「決済(支払い)を代行すること」。

エコペイズで言えば、ユーザーからの入金をエコペイズに代わって処理してくれる会社です。

 

通常なら・・・

 

ユーザー

支払い(入金)

エコペイズ

 

となりますが、間にオーバーシーズを入れることにより

 

ユーザー

支払い(入金)

オーバーシーズ株式会社

支払い(送金)

エコペイズ

 

となります。

もちろん、エコペイズは決済代行の手数料として、オーバーシーズにいくらか支払うことになります。

 

エコペイズに限らず、決済代行を利用している企業はたくさんありますが、利用するメリットと言えば決済の事務処理が楽になるからでしょう。

自社で一人一人のお客さんからの支払いをチェックするのは大変ですが、これをすべて丸投げできるわけです。

代行会社に任せることにより売上金を一括で管理できるので、そのぶん本業に集中できますよね。

エコペイズがオーバーシーズに振込先の代行を依頼しているのは、こうした理由があると思います。

 

↑エコペイズでローカル入金する時は、この「Wire Pay」を選びます。

Wireは、ワイヤーとか針金と言う意味がありますが、wire moneyで「お金を振り込む」と言う意味にもなります。

また、似たような言葉にTransferがあり、こちらは「転送する」と言う意味ですが、transfer moneyも「振り込む」という意味です。

 

で、「Wire Transfer(電信送金)」と言う言葉があり、主に銀行が海外へ送金することを指します。

こう考えるとWire Payは、「オーバーシーズを経由して、エコペイズへ海外送金する支払い方法」と言う意味なんでしょう。

少なくとも名前からして、ユーザーが直接エコペイズへ入金する方法ではなさそうです。

以上、英語の授業でした。

 

ローカル入金については、こちらの記事でも解説しています。

 

エコペイズはイギリスにある

エコペイズのローカル入金は、国内送金でエコアカウントに入金できる振り込み方法です。

エコペイズは海外のイギリスにありますから、ユーザーにイギリスの口座を振込先に指定できません。

海外送金は手数料も高く、送金するまでに数日間もかかるからです。

 

エコペイズが自社で日本の銀行に口座を開設すればいいですが、エコペイズは日本国内に支店がありません。

支店がない理由は明確ではありませんが、「エコペイズ=オンラインカジノ=明確に合法ではない」と言うイメージが理由かもしれません。

今って、銀行はなかなか口座を作らせてくれないですからね。

そう言えば過去には、日本国内でのエコカードの取り扱いが中止になった経緯もありました。

 

こうしたエコペイズの事情を考えると、無理して自社で振込を受け付けなくても、オーバーシーズに手数料を払って丸投げした方がメリットが大きいわけです。

僕たちユーザーも、三井住友銀行と言う国内銀行に振込するだけなので、手続きもカンタンで便利です。

直接イギリスに海外送金するのは、手間や時間の負担が大きいですからね。

 

オーバーシーズがどんな会社か調べてみた

以上が、エコペイズとオーバーシーズとの関係性になります。

とりあえず、エコペイズが振込先にオーバーシーズを指定する理由は分かりましたよね。

 

では、そもそもオーバーシーズ株式会社ってどんな会社なんでしょう?

詐欺とか大丈夫?

ちゃんとエコペイズに送金してくれるの?

そんな疑問を解消するために、オーバーシーズ株式会社について調べてみました。

 

東京都千代田区に実在する会社

オーバーシーズのホームページを見てみます。

所在地は、

東京都千代田区平河町1-5-4

平河町154ビル2階

です。

 

グーグルマップとストリートビューで住所を調べてみると、4階建てのビルがありました。

住所は架空ではなく、実在するようです。

 

↑この平河町154ビルは、賃貸オフィスが入る建物のようです。

オーバーシーズ株式会社は、このビルの2階にあります。

 

バーチャルオフィスの可能性を疑いましたが、どうやらこの住所に実在する会社のようです。

バーチャルオフィスとは、住所だけそこに登記している仮想事務所を持つ会社のことです。

別にバーチャルオフィス自体は悪くないのですが、投資詐欺など多くの犯罪会社がバーチャルオフィスを利用しているのが現状です。

 

ちなみにバーチャルオフィスだと、銀行口座の開設が断られる可能性が高いです。

会社の連絡先が、携帯の番号よりも固定電話の方が信頼できるのと同じですね。

 

投資詐欺のオーバーシーズとは別会社

多分、オーバーシーズと聞いて一番不安になったのは、「オーバーシーズの社長が投資詐欺で逮捕された」と言うニュースでしょう。

 

これは、全くの別の会社の事件です。

代表者の名前も違います。

 

同じ東京都千代田区にある会社ですが、エコペイズのオーバーシーズ株式会社とは一切関係ありません。

確かに「オーバーシーズ 詐欺」で検索すると出てきますね。これは紛らわしい…。

オーバーシーズ株式会社も、「風評被害を受けています」とホームページで告知しています。

 

画像引用元:オーバーシーズ株式会社

http://overseas-inc.co.jp/archives/97

↑社名と住所まで同じって…。

 

電凸してどんな会社か聞いてみた

一番確実なのは、オーバーシーズの住所に行ってみることです。

でも遠方の人にとっては、それは非現実的。

さすがに気軽に東京までは行けません。

 

ネットで調べるのも限界があるので、更に信ぴょう性を確かめるには、やはりホームページに載っている電話番号に実際に掛けてみるのが一番です。

果たしてオーバーシーズは、本当に実在する会社なのか電凸してみました。

 

…結果、とても丁寧な対応をしてくれましたよ。

「エコペイズの振込先がオーバーシーズってなってるんですけど…」って聞いたら、

「あ、エコペイズさんとはお取引がありますよ。」と即答でした。

 

やはり、エコペイズの決済を代行しているようで、先ほどのように

 

ユーザー

支払い(入金)

オーバーシーズ株式会社

通知・支払い(送金)

エコペイズ

 

の流れになっているとのことです。

 

尚、ユーザーがオーバーシーズに振り込んだ場合は、エコペイズへ「通知」が行くようになっています。

エコペイズは、その通知を受け取った時点でエコアカウントに入金を反映させるわけですね。

こうすることで、実際にはエコペイズに入金されていなくても、最速でエコアカウントに入金が反映される仕組みです。

きっと実際のエコペイズへの送金は、代行手数料を差し引いて一括でまとめて…となっているのでしょう。

 

オーバーシーズに電話を掛ける前は、正直エコペイズとの”グル”の可能性を少しは疑いましたが、電話が転送されたり電話秘書代行の感じはしなかったです。

バーチャルオフィスだと電話が転送されたり、また電話秘書代行だと「担当者が不在ですので、折り返し連絡します」と言うケースがあるからです。

※繰り返しますが、バーチャルオフィスや電話代行・秘書代行が違法と言う意味ではありません。詐欺などの犯罪会社が、こうしたサービスを悪用するケースが多いのです。

 

口座番号は絶対に間違えない

今回オーバーシーズに電凸したら、思わぬ(?)収穫がありました。

エコペイズの振込先として、三井住友銀行にあるオーバーシーズの口座番号が指定されるわけですが、この口座番号はユーザー一人一人に割り当てられたものです。

今、目の前に表示されている振込先は、自分専用の口座番号なわけです。

 

具体的な数字までは、企業秘密なので教えてはくれませんでしたが、エコペイズの日本ユーザーと同じだけ、三井住友銀行にはオーバーシーズの口座があることになります。

これって、すごいことですよね。

てっきり僕は、口座はひとつで振込名義人でユーザーを判別していると思っていました。

普通はそうですよね。

でもエコペイズは口座番号でユーザーを判別しているのです。

 

つまり、今回オーバーシーズの担当の方が教えてくれたのは…、

「口座番号を間違えないように気を付けて下さい。特に6と9を見間違えて振込する方が多いです。間違えると他の人の口座に入金されてしまいます。

と言うことです。

もちろん、エコペイズ側で振込が正しいか確認はされますが、口座番号を間違えると処理に時間がかかるそうです。

 

せっかくオーバーシーズの担当の方に教えてもらったので、ここで情報のシェアをしておきますね。

皆さん、口座番号は絶対に間違えないようにしましょう。

ネットバンクから振り込むなら、口座番号をコピペすればより確実です。

 

↑エコペイズでローカル入金をする時に、この注意書きが表示されます。

「アカウント番号は定期的に変更されます」とは、口座番号が変更されると言うことです。

口座番号が正しいか、毎回忘れずにチェックしましょう。

 

会社として法人登記されている

続けて調べてみると、オーバーシーズは法人登記されていることが分りました。

実際に法務局で登記簿謄本を見たわけではないですが、とりあえずこの点からも架空の会社ではなさそうです。

画像引用元:GRAFFER 法人情報検索

https://ttzk.graffer.jp/corporations/8010001182127

 

ちなみに、登記されていても幽霊会社(ペーパーカンパニー)と言うケースもありますので、登記の有無は判断材料のひとつにしています。

※登記しないことは違法ではありませんが、登記されていない会社に振込するのはやめた方がいいですよ。そもそも、登記しなければ株式会社とは呼べません。

 

主要なクレカを取り扱っている

ここまでが、オーバーシーズ株式会社の事前情報です。

僕なりに調べた結果、特に怪しい点はなかったですね。

次に、オーバーシーズの業務内容を見てみました。

 

オーバーシーズは、決済代行を主な業務としています。

今回のエコペイズとは銀行振込の代行ですが、主にクレジットカードの決済代行をしています。

オーバーシーズがクレジットカード決済を導入するためには、各ブランドと契約をしなければいけません。

 

オーバーシーズは、クレジットカードの世界5大ブランド、

・VISA

・MasterCard(マスターカード)

・JCB

・American Express(アメックス)

・Diners Club(ダイナース)

に対応しています。

 

このことから見ても、オーバーシーズは信用できる会社と判断できます。

もし、オーバーシーズが怪しい会社なら、クレジットカード会社は契約しないからです。

 

実際、詐欺サイトを見ると「支払い方法は代引きのみ」と言うケースが多いです。

クレジットカードも使えず、銀行振込もできない。

銀行振込はできても、なぜか個人の口座…。

 

それはなぜか?

クレジットカード会社と契約できない、銀行口座が作れない「何らかの理由」があるからです。

ネット通販を使用する時は、その会社がどんな支払い(決済)方法が使えるのか?のチェックは必須。

支払い方法が、Amazonギフト券とかは論外ですね。

 

大手コンビニ決済にも対応

オーバーシーズはクレジットカード決済の代行だけではなく、コンビニ決済の代行も請け負っています。

電子マネーを取り扱っているようですね。

 

・セブンイレブン

・ローソン

・ファミリーマート

・ミニストップ

・セイコーマート

・デイリーヤマザキ

など、大手のコンビニと提携しています。

やはりこのことから判断しても、オーバーシーズは信用できる会社と言えるのではないでしょうか?

 

ちなみにオーバーシーズは、会社概要にもあるように今回の三井住友銀行と楽天銀行とも取引があります。

これも、安心できる点のひとつと言えるでしょう。

 

【結論】オーバーシーズは信用できる会社

企業がある会社と取引や契約をする時、相手先の信用調査って必ずしますよね。

もし、知らずに詐欺会社と取引をしてしまったら、自社にとって大きなマイナスになるからです。

 

オーバーシーズ株式会社が、クレジットカード決済やコンビニ決済を代行していると言うことは、これだけで信用できると判断して良いと思います。

ホームページに嘘の情報が書かれている可能性も否定できませんが、この場合はクレジットカード会社やコンビニからクレームが入るでしょう。

また、こうした日本国内で信用できるオーバーシーズと提携しているコペイズも、これまた信用できる会社と言えます。

 

疑いだしたらキリがないですが、自分が納得できるまで調べることは重要です。

お金を振り込むわけですからね。

もし、振込詐欺に騙されてしまったら…と思うと、事前調査は念入りにするべきです。

 

そして1つの情報だけで判断せずに、複数の情報から「詐欺会社か?信用できる会社か?」を総合的に判断した方が良いです。

今回のオーバーシーズの件では、

 

・住所を検索してみる

・実際に電話を掛けてみる

・法人登記がされているか調べてみる

・クレジットカードと提携している

・コンビニと提携している

 

と調べてみましたが、どれも怪しい点はなかったのでオーバーシーズは信用しても大丈夫、と僕は判断できました。

「いや、それでもちょっと振り込むのは心配…」と言う人は、更に自分で調べてみるかエコペイズを利用するのをやめた方がいいです。

 

↑上記バナーからエコペイズに新規登録してアカウント認証を完了すると、当サイト限定特典としていきなりゴールド会員からスタート!

通貨の両替手数料が永久的に半額になります。

※登録直後はクラシック会員ですので、本人確認を済ませて下さい。

確認後、シルバーを飛び越してゴールドからスタートします。

 

エコペイズの新規アカウント開設の方法は、こちらの記事を見れば分かりやすいです。